時間(購入時期)の分散

株式投資では絶対に損をしない方法というのはありませんが、損失リスクを抑える手段は存在しています。株式市場では先に何が起こるかは分からないですが、リスクを減らすテクニックというのは存在します。株式投資における損失リスクを減らす方法としては、株式の購入時期を分散させることが挙げられます。一度にすべての金額を投資してしまうと、たまたま株価が高い時期だった場合には購入コストが非常に高くなり、含み損を抱えることになってきます。しかし、株式の購入を複数回に分けて行うと、購入コストを平均化することが可能となります。また、株価が安い時期を選んで株式を購入していくことで、購入コストを下げることも可能です。株式の購入コストを下げることによって、含み損を抱えるリスクが少なくすることができます。企業の株価というのは、その時の市場環境や人気テーマなどによって大きく上下することが起こり得ます。そのため、高値掴みを避けるために時間を分散させて購入することが大事となってきます。中長期で株式投資を行う時には、一つの銘柄を2、3年かけて少しずつ購入していくと良いと思います。2,3年かけて投資をすれば、買いコストは平均化されているためにその後も株式を保有し続けることができるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。