株式を発行する理由

お金01企業で株式を発行する理由としては、投資家から資金調達を図ることで経営資金を企業が得ることが挙げられます。企業では経営資金を得る手段として、金融機関からの借り入れだけでは経営リスクが高くなってしまいます。金融機関からの借り入れだけだと経営環境が悪化した時に、銀行などから取立てがあると企業の存続が難しくなってしまうことがあるからです。そのため、一方で広く投資家から資金を集めるために株券を発行する手段が取られています。企業によっては、証券取引所に上場して資金調達をすることを行っています。証券取引所に上場すると、多くの投資家から経営資金を集めることが可能になります。企業では新規分野への参入や新たな市場への展開などの計画があるときに上場資金を充てることが多いです。上場資金を得ることによって、企業はさらなる業績の拡大を図ることが可能となってきます。企業は投資家に対しては、業績に応じて配当金などを支払うことになります。このように証券市場は企業と投資家を繋ぐ役割を果たしていて、経済が活発化する原動力となっています。証券市場があることによって、企業活動が活発化して、社会そのものが豊かになっていくことが期待されています。

コメントは受け付けていません。